トップページ > 観光・ブランド > 福津の絵馬 > 源義朝都落図(若八幡神社)

源義朝都落図(若八幡神社)

最終更新日:2009年4月1日
源義朝都落図
  勝浦出身山本文暉の作品。平治6年(1159)12月、後白河院の近臣藤原信頼が源義朝を語らって起こした反乱で、平清盛に攻められ、義朝は東国へ落ち行く途中、追手の兵を2〜3人射殺したが尾張の国でついに果てた。
基本情報
  • 神社
    若八幡神社(久末)
  • 作成年
    慶応3年(1867)
  • サイズ
    146cm×172cm
  • 作者
    文暉