大森宮のなまず像

 [オオモリグウノナマズゾウ]
最終更新日:2012年12月18日
大森宮
美観
福津市と縁の深い なまずを祭る神社
  福津市と縁の深い生物といえば、なまず。「なまずの郷」など公園名としても親しまれている「なまず」を祭っている神社が、ここ大森宮です。
  その昔、西郷出身の社職兼務の武将、興光(おきみつ)が、大内氏の命により京都で合戦の際、深手を負って、倒れてしまい、死のふちに着こうとしたとき、突然巨大ななまずが現れて、興光の命を救った。という伝説から来ています。命拾いをした興光は、西郷の氏神、大森の神様に違いないと感謝し、以来、西郷ではなまずを神の使いとして大森宮に祭ったのです。また「なまず禁食令」を出して、大切にしたといわれています。
  境内には、こま犬ならぬ、石造りのなまず像も見ることができます。
基本情報
  • 場所
    〒811-3207 福津市上西郷802
  • 問い合わせ
    大森宮  電話:0940-42-3018
フォトガイド
石造りのなまず像
石造りのなまず像
マップ
広域マップを見る
 交通アクセス
なまずの郷公園口バス停から徒歩約10分
駐車台数 6台