トップページ > 観光・ブランド > ムービーギャラリー > 豊山神社秋祭り

ムービーギャラリー

最終更新日:2009年4月1日
戻る 次へ
詳細はこちら
「豊山神社秋祭り」

  現在の御神幸は豊山神社で祭典のあと、神霊移しをした神輿(みこし)が午後4時に発輦(出発)、勝浦小学校で塩浜からの大名行列、桂区からの獅子楽と合流し、松原海岸を経てお旅所の年毛神社に着いて祭典・直会があり、午後7時に豊山神社に還御(帰還)します。行列の順序は太鼓・賽銭箱(さいせんばこ)・神輿・台持ち・神職・傘持ち・扇持ち・大名行列・獅子楽・参列者の順で、大名行列は、お手振り・鉄砲・刀・薙刀(なぎなた)・弓・毛槍・八角・羽熊・挟箱(はさみばこ)という構成、獅子楽は雌雄2頭の御子を青壮年男子が子どもの奏する楽(大太鼓・小太鼓・苗・チャンペタ)にあわせて舞います。大名行列と獅子楽が舞われるのはそれぞれが出発する塩浜、神幸の途中では勝浦小学校と松原海岸、そしてお旅所の年毛神社です。以前は年毛神社で直会(なおらい)が終わり神輿が本宮に向けて還御したあとに、青年団が中心となって相撲や浪花節・芝居などの興行が行われていましたが、現在は行われていません。

その他にも色々あります!
WMVファイルを再生いただくには、Microsoft社の「Windows MediaPlayer」が必要です。
お持ちでないかたはダウンロードセンターからダウンロードしてご覧ください。
Macintoshをご利用の方は「Windows Media(R) Components for QuickTime」が必要な場合があります。Windows Mediaページよりダウンロードしてご覧ください。
一部OSやブラウザのバージョンによっては、再生できない場合があります。ご了承ください。