トップページ > 観光・ブランド > 商工・観光 > 中小企業等における「先端設備等導入計画」の認定

中小企業等における「先端設備等導入計画」の認定申請受付について

最終更新日:2018年12月20日

  生産性向上特別措置法に基づく、福津市の「導入促進基本計画」が平成30年6月29日付で、国の同意を得ました。
中小企業等が作成する「先端設備等導入計画」の認定申請受付をしています。

先端設備等導入計画とは

  生産性向上特別措置法が平成30年6月6日に施行されました。この法律では、今後3年間を集中投資期間と位置づけ、中小企業の生産性向上につながる設備投資の支援を行います。福津市では国の指針に基づき、「導入促進基本計画」を策定し、国の同意を得ました。中小企業等が本市の導入促進基本計画に基づき、「先端設備等導入計画」を策定し、本市に提出・認定を受けることにより、導入した設備等の固定資産税が0円となる特例や国補助金の支援措置を活用することができます。先端設備等導入計画における労働生産性の伸び率は年平均3%以上であることが必要など、要件があります。詳細はご確認ください。

必要書類

  • 先端設備等導入計画
  • 商工会等による確認書
  • 工業会証明書の写し
    工業会証明書が取得できない場合は、後日追加提出可能

注意事項

  固定資産税の特例措置(0円)が適用されるのは、先端設備等導入計画の認定を受け、平成33年3月31日までに取得したものが対象となります。確定申告時に、税務に関する手続きが必要です。

関連ファイル


PDF PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。
問い合わせ
地域振興部 地域振興課  電話:0940-62-5014  FAX:0940-43-9003
E-mail:全部半角小文字で、BRAND アットマークcity.fukutsu.lg.jp
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を画像化しています。