トップページ > 健康・福祉・環境 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度とは

後期高齢者医療制度とは

最終更新日:2016年4月1日

 75歳以上の人及び一定の障害の認定を受けた65歳以上の人を対象とした、独立した医療制度です。対象者になると、それまでの国民健康保険や被用者保険()の資格は喪失し、「後期高齢者医療制度」で医療を受けることになります。

被用者保険とは、全国健康保険協会管掌健康保険・組合管掌健康保険、船員保険、共済組合などのいわゆる“サラリーマンの社会保険”の総称です。

対象となる人

○75歳以上の人・・・75歳の誕生日から対象になります。
○65歳以上75歳未満の人で、一定の障害()について福岡県後期高齢者医療広域連合の認定を受けた人・・・認定を受けた日から対象になります。

一定の障害とは、身体障害者手帳1級〜3級または4級の一部の障害などです。一定の障害に該当する人の加入(障害認定の申請)は任意です。障害の認定は、75歳になるまで、いつでも申請することができますし、いつでも将来に向けて撤回することができます。

障害認定の申請に必要なもの

  • 身体障害者手帳など障害の程度が分かるもの
  • 印鑑

保険証

 一人に1枚の保険証が交付されます。

保険料

 一人一人が納付します。

こんなときは届け出を

 後期高齢者医療制度に該当する人が下記に該当する場合は届け出をすることが必要です。

こんなとき 届出に必要なもの
県外の市区町村から転入したとき 印鑑、前市町村の負担区分証明書、マイナンバーカードもしくはマイナンバーの通知カード、本人確認書類
一定の障害がある人が65歳になったとき
65歳を過ぎて一定の障害がある状態になったとき
身体障害者手帳など障害の程度が分かるもの、印鑑、マイナンバーカードもしくはマイナンバーの通知カード、本人確認書類
死亡したとき 保険証、葬儀の領収書など、印鑑(喪主)、通帳(喪主)、マイナンバーカードもしくはマイナンバーの通知カード、本人確認書類
県外の市区町村に転出したとき 保険証、マイナンバーカードもしくはマイナンバーの通知カード、本人確認書類
生活保護を受けなくなったとき 印鑑、マイナンバーカードもしくはマイナンバーの通知カード、本人確認書類
生活保護を受けるようになったとき 保険証、保護開始決定通知書、マイナンバーカードもしくはマイナンバーの通知カード、本人確認書類
問い合わせ
市民部 保険年金医療課 医療係  電話:0940-43-8128  FAX:0940-43-3168
E-mail:全部半角小文字で、HOKEN アットマークcity.fukutsu.lg.jp
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を画像化しています。
福岡県後期高齢者医療広域連合  電話:092-651-3111