トップページ > 健康・福祉・環境 > 高齢者福祉 > 「認知症高齢者捜してメール」の登録について

「認知症高齢者捜してメール」の登録について

最終更新日:2018年9月4日

  認知症等により行方不明になるおそれがある場合は、事前に登録をしておくことで、もしもの時の早期発見や事故防止につながります。
  「認知症高齢者捜してメール」は、事前に登録された人が行方不明になった時、捜索に協力いただけるサポーターや事業者にメールを一斉配信するものです。


この事業は福津市、福岡市、宗像市、古賀市、新宮町、久山町、篠栗町、粕屋町、志免町、須恵町、宇美町が協力して、広域的に取り組んでいます。

操作時の流れ

操作時の流れフロー図

対象者

福津市内に居住し、認知症等により行方不明になるおそれのある高齢者等

申請者

  • 対象者本人
  • 対象者の3親等内の親族
  • 対象者を常時介護している人(医療・介護施設従事者等は除く)

登録に必要なもの

  • 申請書
  • 申請者の印鑑
  • 登録対象者の写真2枚(顔・全身)

登録後の写真付き登録申請書は、福津市高齢者サービス課および地域包括支援センターならびに宗像警察署で保管します。

詳しくは「認知症高齢者探してメール」のちらしをご覧ください。
PDF 「認知症高齢者探してメール」ちらし(PDFファイル:738KB)


【申請書類】

PDF   申請書(様式第1号)ダウンロード(197KB)
PDF   廃止届(様式第2号)ダウンロード(69KB)

登録後の利用方法(ご家族)

登録者が行方不明になったとき

  • 登録者が行方不明になったときは、宗像警察署(0940-36-0110)に「行方不明届」を提出してください。
  • 「福岡都市圏認知症高齢者捜してメール専用ダイヤル」(0120-725-048)に連絡してください。
  • メールが協力者に配信されます。捜索依頼メールには、実名および写真を掲載することができます。

登録者が発見されたとき

  宗像警察署から発見の連絡が入ったときは、再度「福岡都市圏認知症高齢者捜してメール専用ダイヤル」(0120-725-048)に連絡してください。


捜索への協力(協力サポーター)

  できるだけ多くの人にご協力いただくことで、行方不明になった人をいち早く発見し、保護することが可能になります。協力サポーター・協力事業者に登録をお願いします。

登録方法

  • 登録用アドレスQRコード 登録用アドレス(support@req.jp)に空メールを送信してください。
    QRコードリーダ機能付の携帯電話であれば、右のQRコードもご利用いただけます。
  • 数分以内にメールが届きます。受信メールのURLをクリックしてください。
    迷惑メール対策をしている場合は(sagashite@city.fukuoka.lg.jp)からのメールが受信可能なように設定してください。
  • 登録フォームに入力し、登録ボタンをクリックすると登録完了です。
  • 登録された人が行方不明になった場合、メールを配信します。情報に当てはまる人を意識していただき、発見された場合は、メール内に記載された警察署にご連絡ください。

登録については無料ですが、メールの送受信等の費用は利用者負担となります。

メールの配信は、365日、8時〜20時です。

メールの転送等は行わないでください。


登録者が発見されたとき

宗像警察署から発見の連絡が入ったときは、再度「福岡都市圏認知症高齢者捜してメール専用ダイヤル」(0120-725-048)に連絡してください。
問い合わせ
健康福祉部 高齢者サービス課 高齢者福祉係 電話:0940-43-8298 FAX:0940-34-3881