トップページ > 健康・福祉・環境 > 都市計画 > 福津市空き家等の適正管理に関する条例について

福津市空き家等の適正管理に関する条例について

最終更新日:2016年4月1日

背景と目的

  近年、高齢化や経済的事情などの理由で十分に管理が行き届かないままになっている空き家などが増加しています。倒壊などの事故や犯罪などの危険性などがあることから、近隣住民の生活環境への不安や悪影響に関する相談が増えています。
  建物の管理が行き届かず、このことが原因で事故が発生し他人に被害を与えた場合は、空き家所有者の責任になります。
  この条例は、所有者などに適正な維持管理を求め、空き家などが放置され管理が不十分な状態になることを防止し、併せて生活環境の保全および防犯のまちづくりの推進に寄与することを目的としています。

対象となる空き家

  • ア.  老朽化または台風、地震などの自然災害によって、建物が倒壊したり、建物に用いられた建築材料が飛散したりし、敷地外において人の生命、身体、財産に害を及ぼすおそれがある状態
  • イ.  不特定の者が侵入し、火災および犯罪を誘発するおそれがある状態
  • ウ.  敷地内の雑草などが繁茂し、生活環境の保全に支障を及ぼす状態

条例の概要

  • 空き家等の所有者の責務
  • 実態調査
  • 助言、指導、勧告、命令、公表
  • 警察その他関係機関との連携

この条例に基づいた空き家などに関する事務処理の流れは、次の通りです。
相談の内容によって、関係部署や関係機関と連携し対応します。

事務の流れ

事務の流れ

PDF 福津市空き家等の適正管理に関する条例(92KB)


Get ADOBE READER PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。
受付・問い合わせ
都市整備部  都市管理課  電話:0940-62-5036 FAX:0940-43-9005