トップページ > 健康・福祉・環境 > 都市計画 > ブロック塀を点検しましょう

ブロック塀を点検しましょう

最終更新日:2019年7月1日

  平成30年6月18日に発生した大阪北部を震源とする地震により、大阪府内においてブロック塀の倒壊が原因で女児が亡くなる事故が発生しました。
  ご自宅のブロック塀について、以下のチェックポイントを参考に点検して下さい。
  ブロック塀は私的財産です。所有者の責任の下、適正に管理しましょう。

ブロック塀チェック項目

  古いブロック塀は以下の5項目を点検し、ひとつでも不適合があれば危険なので改善しましょう。

ブロック塀の点検のチェックポイント
出展:
パンフレット「地震からわが家を守ろう」
日本建築防災協会 2013.1より一部改
  • 塀は高すぎないか。
    塀の高さは地上から2.2メートル以下か。
  • 塀の厚さは十分か。
    塀の厚さは10センチメートル以上か。(塀の高さが2メートル超2.2メートル以下の場合は15センチメートル以上)
  • 控え壁はあるか。(塀の高さが1.2メートル超の場合)
    塀の長さ3.4メートル以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。
  • 基礎があるか。
    コンクリートの基礎があるか。
  • 塀は健全か。
    塀に傾き、ひび割れはないか。
  • 〈専門家に相談しましょう〉塀に鉄筋は入っているか。
    • 塀の中に直径9ミリメートル以上の鉄筋が、縦横とも80センチメートル間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
    • 基礎の根入れ深さは30センチメートル以上か。(塀の高さ1.2メートル超の場合)

組積造 (れんが造、石造、鉄筋のないブロック造) の塀の場合
  • 塀の高さは地盤から1.2メートル以下か。
  • 塀の厚さは十分か。
  • 塀の長さ4メートル以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控え壁があるか。
  • 基礎があるか。
  • 塀に傾き、ひび割れはないか。
  • 〈専門家に相談しましょう〉基礎の根入れ深さは20cm以上か。

  詳しい調査や工事については、工務店等に問い合わせをして下さい。
  相談については、福岡県北九州県土整備事務所(電話:093-691-4585)にして下さい。

ブロック塀等撤去費補助金

  市では地震などの災害時にブロック塀などの倒壊による被害を防止するため、道路などに面している危険なブロック塀等の撤去を希望する人に、撤去費の一部を補助する制度を令和元年7月1日から始めます。


ブロック塀とは

  補強コンクリートブロック造、組積造(れんが造、石造、コンクリートブロック造など)の塀(フェンスその他これらに類するものとの混用の場合を含む)と門柱
  対象にならない場合もありますので、必ず工事着手前に相談してください


対象となるブロック塀等の要件

  道路に面している高さ1m以上のブロック塀


対象となる工事

  • 補助対象となるブロック塀等の全てか一部撤去するもの
  • 補助対象となるブロック塀等の撤去を市内業者に委託して行うもの
  • 市職員が行う診断カルテの診断で、40点未満のもの
  • その他、災害時に安全上支障があると認められるもの
Wordブロック塀等の診断カルテ(31KB)

補助金額

  工事費の1/2か限度額10万9千円のいずれか低い額


事業の期間

  令和元年度から令和2年度


受付期間

  令和元年7月1日から令和2年1月末まで
  令和2年2月末までに実績報告書の提出が必要。予算の範囲内での補助となります。


申請方法

  都市管理課に申請様式を提出。申請様式は以下からダウンロードして下さい
  申請前に「補助金交付手続きフロー」を確認してください

PDF 福津市ブロック塀等撤去費補助金交付要綱様式(404KB)
PDF 福津市ブロック塀等撤去費補助金交付要綱(156KB)

PDF PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。
受付・問い合わせ
都市整備部  都市管理課  電話:0940-62-5036 FAX:0940-43-9005