トップページ > 暮らしの情報 > 下水道 > 社会資本総合整備計画(公共下水道事業)

社会資本総合整備計画(公共下水道事業)

最終更新日:2016年10月7日

  福津市では、下水道整備を行い、快適な暮らしと安全・安心を実現し、良好な環境を創造するために社会資本総合整備計画を変更しました。次のとおり公表します。

社会資本総合整備計画とは

  地方公共団体が、国土交通省所管の補助金により事業を行う場合には、計画期間内(おおむね3〜5年間)での目標及び定量指標、実施個所を示した社会資本総合整備計画書(以下「整備計画書」という)を作成し、国土交通大臣に提出するとともに公表することになっています。

計画の名称

整備期間 平成22年度〜平成24年度(3年間)

計画名 交付金名 主な内容
福津市における快適な生活環境の整備 社会資本整備総合交付金 汚水管きょ整備、福間浄化センター水及び汚泥処理増設、津屋崎浄化センター汚泥処理増設、長寿命化計画

社会資本整備総合交付金


整備期間 平成25年度〜平成29年度(5年間)

計画名 交付金名 主な内容
福津市における快適な生活環境の整備 社会資本整備総合交付金 汚水管きょ整備、福間浄化センター水及び汚泥処理増設、津屋崎浄化センター汚泥処理増設
福津市における快適な生活環境の整備(防災・安全) 防災・安全交付金 長寿命化対策、雨水管きょ整備、ストックマネジメント計画

社会資本整備総合交付金


防災・安全交付金

事後評価

  会資本整備総合交付金により事業を実施した後に、社会資本総合整備計画の目標の実現状況等について評価を行いました。次のとおり公表します。

福津市における快適な生活環境の整備(平成22〜24年度)


PDF PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。
問い合わせ
都市整備部 下水道課 施設整備係  電話:0940-62-5069