トップページ > 暮らしの情報 > みんなですすめるまちづくり基本条例 > みんなですすめるまちづくり基本条例

みんなですすめるまちづくり基本条例

最終更新日:2009年4月1日

  市議会平成20年9月定例会において、「福津市みんなですすめるまちづくり基本条例」が可決され、平成20年12月1日から施行されました。
  現在、地方分権や少子高齢化が進み、市民の皆さんの価値観や考え方が多様化していることなどから、今後は、市民の皆さんやボランティア、NPO法人などのいろいろな団体と行政が、対等な立場で手を取り合って、まちづくりを進めることが必要となっています。
  そのため、この条例で、福津市のまちづくりを行っていく上で心がけておくべき考え方やまちづくりの基本となるルールを定め、市民参画と共働による地域自治の実現を図ります。

まちづくり基本条例ができるまで(市民検討委員会)

  これからの福津市を共に運営していくにあたって重要な条例ですから、つくり上げる過程を大切にしました。
  そこで、市民18人、市職員4人の総勢22人からなる「まちづくり基本条例(仮称)市民検討委員会」を立ち上げ、審議会形式でなく、市民会議形式でのワークショップを平成18年8月から平成19年6月にかけて計12回開催し、条例の内容や名称などについて決めていきました。


市民検討委員会に関する過去のお知らせ(開催報告など)

まちづくり基本条例って何だろう?〜教えて永田さん!〜

  ある日、まちづくり基本条例のことを聞きに、市役所行政経営企画課を訪れた石川さん。市職員の永田さんに条例についての話を聞いています。

永田さん、石川さんは架空の人物です。



Get ADOBE READER PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。
問い合わせ
総務部 行政経営企画課 企画係  電話:0940-43-8115  FAX:0940-43-3168
E-mail:全部半角小文字で、KIKAKU アットマークcity.fukutsu.lg.jp
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を画像化しています。