トップページ > 市政情報 > 行政改革 > 福津市行財政集中改革プラン

福津市行財政集中改革プラン

最終更新日:2018年6月26日

福津市行財政集中改革プラン

  市を取り巻く状況は、高齢化の進行や公共施設等の老朽化など、社会経済情勢の変化により、その厳しさを増してきています。
  このような状況においても、市の魅力や活力を維持し、将来にわたり発展させていくためには、市民生活の質を高め、そのことが人と投資を呼び込むことにより市の成長を図り、さらに生活の質が高まるという好循環をつくっていくことが必要です。
  これを実現していくためには、より必要性が高い施策事業に重点化を図りながら、今の時代に合わなくなったものや優先度が低いものを見直すなど、徹底した行財政改革によって必要な財源を確保し、効果的・効率的な行政経営をすすめなければなりません。
  このため、平成28年8月、「福津市行財政集中改革プラン」を策定し、具体的なさらなる行財政改革に取り組むこととしています。

  なお、計画書中、「7.公共施設等の改革」における「エンゼルスポット」「大和保育所」「福祉会館(潮湯の里夕陽館)」「神興幼稚園」「野外活動広場(わかたけ広場)キャンプ施設」については、個別に今後の基本方針と年次計画を見直すこととしています。

取組み状況

  福津市行財政集中改革プランの取組みについては、年度ごとの取組み終了後にその検証を行うこととしています。
  なお、平成29年2月から8月までの間、プラン全体についての見直しを検討する期間を設けたため、全体的に当初の計画と実施の時期に差異が生じています。


PDF PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。
問い合わせ
総務部 行政経営企画課  電話:0940-43-8121 FAX:0940-43-3168


関連情報