トップページ > 市政情報 > お知らせ一覧 > 四種混合ワクチンの一部ロットの自主回収についてのお知らせ
 

 お知らせ


一覧へ戻る
健康 四種混合ワクチンの一部ロットの自主回収についてのお知らせ
ここで区切る
お問い合わせ先
市いきいき健康課保健指導係  TEL:0940-34-3352
ここで区切る
[登録日:2019年12月02日]
現在、四種混合ワクチンの一部ロットについて自主回収が行われています。

内容  四種混合ワクチンには4種類の疾病(百日せき、ジフテリア、破傷風、ポリオ)に対する抗体が獲得できる有効成分が含まれています。現在、一部ロットについて、有効成分の1つであるポリオの抗原量が有効期間内に承認規格を下回ったため、自主回収が行われています。

◆当該ロット製品
「4K23A」「4K23B」「4K23C」「4K24A」「4K24B」「4K24C」のワクチン
※接種したワクチンのロット番号は、母子手帳などで予防接種の記録をご確認ください。(詳しくは、関連ファイル「4種混合ワクチン(テトラビック皮下注シリンジ)に関するお知らせ」をご覧ください。)

 ただし、当該ワクチンについては承認基準を下回ってはいるものの、現時点で安全性に影響があったとする報告はなく、有効性にも問題はないと確認されています。
 厚生労働省は、回収対象のワクチンを接種していた場合であっても、十分な抗体価が得られている可能性が高く、追加接種をお勧めする必要はないという考えを示しています。(詳しくは関連ファイル「四種混合ワクチンの自主回収について(厚生労働省からのお知らせ)」をご覧ください。)

 しかしながら、接種ワクチンの有効性に不安を感じ、ポリオに対する免疫の有無を確認する抗体検査を希望する場合は、抗体検査を受けることができます。

◆抗体検査について
 抗体検査を希望する人は、接種を受けた医療機関または、かかりつけ医などにお問い合わせください。四種混合ワクチンの4回目接種(一期追加)完了後、4週以降に抗体検査を実施することをお勧めしています。検査の費用は無料です。検査の結果、ポリオの追加免疫が必要と判断された場合には、無料で追加接種を受けることができます。
 追加接種するワクチンは、不活化ポリオの単独ワクチンです。
※健康被害の救済については、定期接種と同様、予防接種法による健康被害救済制度が適用されます。そのため接種時に使用した予診票は医療機関から市に提出されますのでご了承ください。

関連ファイル
PDF 4種混合ワクチン(テトラビック皮下注シリンジ)に関するお知らせ(pdfファイル:82KB)
PDF 四種混合ワクチンの自主回収について(厚生労働省からのお知らせ)(pdfファイル:391KB)